RPEパーツ株式会社 BLOG

「エリマキトカゲをスマートフォンで動かしてみる!」
遅い夏休みの工作です.
リザードロイドBT(エレキット社,MR-9104BT,¥7,344)を作ってみました.
約3時間30分かかりました.

<注意するところ>
モータが2つ入っていますが,ケーブルの長さが違います.間違えると分解がしにくいの
で,取り付け直すのに大変苦労します.
それから,B2(部品番号)をつけ忘れないようにしてください.

半田付けは要りません.
ニッパとハンマが必要です.
シールを貼るのに爪楊枝があると良いです.
プラスドライバーは細いものを用意してください(ドライバ先端径が太いと最後まで締め
られません)

部品点数多いです.覚悟してください.

しかし重要な部分は完成されているため,組み立てられれば動作します.
ご安心ください.
エリマキ部分のビニルシートや両面テープ,紛失しそうなタイヤ固定キャップが予備とし
て入っています.とても親切です.


スマートフォンのアプリケーションはプレイストアからダウンロードします.
つまり,アンドロイドOSしか対応していません.iPhoneやWindowsPhoneには対応していません.

またキットの姉妹モデルにリザードロイド(エレキット社,MR-9104,¥4,104)があります.

このキットの動作(自動運転=人を検知して驚いて逃げたり,人について行くが近づ
きすぎると驚いて下がる)はできません.
この姉妹モデルにもワイヤレスコントロールユニット(¥3,780)を追加すれば,

今回作成したリザードロイドBTと同じことができますが,自動運転はしなくなります.
#ちょっと残念ですね

しかし,走るときの足の動きはとてもユーモラスです.
また,エリマキがバタバタするのは最高におもしろいです.

動作チェックの様子です!(クリックすると動画が再生されます)


Bluetoothはペアリングする必要がありますが,その部分はアプリケーション上でおこな
います.スマートフォンはBluetoothをONにしておくだけで,あとはアプリケーションが
勝手に接続してくれます.楽ちんです.

後ろへ下がるときには左後ろへ下がってくれるので,向きを変えることができます.
改造するならば,カメラを頭に取り付けて映像を見ながら(エリマキトカゲの目線で)操作
したいと思います.

実際に光ったり動いたりすると達成感が満たされます,今回作成したリザードロイドBTは
達成感が抜群です.とても楽しい工作でした.

ラズベリーパイ
小さなコンピュータ「ラズベリーパイ」が今人気です.
ユニックスOSの勉強,C言語やパイソン言語の勉強ができます.
ディジタル信号が簡単に出力できますので,ステッピングモータなどのパルスモータが動かせちゃいます.
ステッピングモータをラズベリーパイ(言語はパイソン)で動かしている動画はこちらです.
http://www.rpe-parts.co.jp/movie/20160328_RaspberryPi.mp4

8ギガバイト以上のSDカード(メモリ)にシステムをセットアップします.
お困りの方はこちらをどうぞ!
http://www.rpe-parts.co.jp/doc/20160328_RaspberryCreate.pdf

※今回使用したラズベリーパイは「Raspberry Pi 2 モデル B」です

Feb.2017
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
横 300 pixel 縦 192 pixelです。(ブログの初期設定で設定してください)
横 492 pixelを超えると、表示がくずれる場合があります。